カードローンとクレジットカードの違いを知る

「カードローン」と「クレジットカード」の違いを知っておこう

「カードローン」で出来るのはお金借りることを指しますが、「クレジットカード」は商品を購入し決済することができます。利用目的が変わりますが、近年ではクレジットカードに”キャッシング機能”が付いているクレジットカードが増えています。このキャッシング機能がカードローンのような利用ができることから違いがあまりなくなっています。カードローンとキャッシング機能はどのように違うのでしょうか?

金額の上限額に大きな違いがある

キャッシング機能はカードローンのように、現金の借り入れが可能になります。しかし、そこには金額枠が設けられています。この金額はほとんどのキャッシング機能だと50万~100万円ほどで、カードローンの500万の限度額に比べるとだいぶ低くなります。利用したい金額でもどちらが使いやすいかが変わってくるでしょう。

借り入れた場合の金利の違い

どちらでもお金を借りることができますが、キャッシング機能での借り入れのほうが金利が高くなります。カードローンの金利が5%前後のものがほとんどですが、キャッシング機能の場合18%と高めです。仮に20万円の借り入れた場合、カードローン5%なら金利は10,000円ですが、キャッシング18%だと36,000円にもなってしまいます。この点をしっかりと踏まえてどちらを利用するかを検討するのが良いでしょう。